プライマリーウォーキング指導者協会
プライマリーウォーキング指導者協会プライマリーウォーキング指導者協会トップページへプライマリーウォーキング指導者協会へのお問い合わせ
プライマリーウォーキング指導者協会トップページ最新の情報プライマリーウォーキング体験者の声プライマリーウォーキング認定インストラクタープライマリーウォーキングインストラクターの養成プライマリーウォーキング指導者協会のご案内

お問い合わせ

行政の皆様へ




●高齢者施設での活動



●行政施設での活動
 この度は当協会にご興味をお持ちいただき、誠にありがとうございます。
当協会は2008 年、会長岡本啓司により、「より少ない筋力で効率よく歩き、健康・美容に抜群の効果がある「プライマリーウォーキング®」として創案され。2010 年に社団法人として設立。認定指導員資格者は、医師、看護師、柔道整復師、理学療法士、鍼灸師などの有資格者や専門学校、大学で運動指導歴のある者に限定して、現在約170 名認定指導員が活躍中です。認定指導員である医師(血管外科医、乳腺外科医、がん治療認定医、耳鼻科医など)もプライマリーウォーキング® の効果に感銘いただき推奨いただいております。
 また協会としては、プライマリーウォーキング® を義務教育、歩行のリハビリモデルとして採用されることを目標の一つにして活動中です。

 プライマリーウォーキング® では「健康=それは正しく立ち、歩くことから」と考えています。
現在の家庭や学校、スポーツの現場で見過ごされている大きな問題点でもある、猫背や内股など、姿勢や歩き方の良くない子供さん。集中力が低下している子供さん。正しい立ち方や歩き方を知らない子供さん、そしてその周りの大人たち。その様な状態で生活や運動を続けていくと、パフォーマンスの低下を引き起こし、いずれはケガに…
周りの大人も含め、子供のころからその原因を知り、しっかりと対処できれば、長く健康に活動することが出来ます。それは年を重ねた高齢者にとっても同じことが言えます。
加齢による腰の丸まり、老人性変形性膝関節症、変形性股関節症をあきらめず克服し、若々しく、明るく、楽しく健康に生きる。
私たち指導者協会は、多くの人々の健康を願い、その予防と回復に寄与出来ればと切に願っております。


一般社団法人 
プライマリーウォーキング指導者協会
理事長  鶴 田 裕 二


行政等からのご依頼の活動報告
2016 年の事例
●2016 年1月29日 八尾市にての活動
●2016年5月25日 夙川幼稚園にての活動
●2016年9月15日 高槻市にての活動
●2016 年10月 阪急電鉄にての活動
●2016年11月19日 鳥羽高校にての活動

●教育施設での活動

●高校での活動

●一般企業での活動



メールでのお問い合わせはこちら


義務教育とリハビリのモデルに

Copyright(C) Primary Walking Society All right reserved.